整備不良になる前にタイヤ交換をしておくことが重視です

快適なカーライフ

異変を感じたら整備店に行く

タイヤの異常は素人では分からない場合があるので、何か異変があれば整備店に行きましょう。そうすれば、走行中にパンクなどのトラブルを起こすことは防げるはずです。

即日修理、持ち込み可。タイヤ交換をお求めなら

タイヤ交換の流れを知る

車を持ち込んでタイヤのチェックをを行います

お近くにある車の整備が可能な店に行き、タイヤの点検を行ってもらいます。溝の減りや空気量の点検を行ってもらい、必要であればタイヤ交換をしてもらいましょう。

タイヤ交換が必要な場合

溝がすり減っているなどの問題があれば、作業担当者と費用を相談しながらタイヤ交換を行います。どのタイヤにするか決まると作業指示者を渡され作業に進みます。

タイヤ交換の完了

タイヤ交換が終われば、作業担当者に作業の説明をしてもらい終了です。こうしておけば、タイヤが原因で事故になることは未然に防ぐことができるでしょう。

タイヤの点検は定期的に行う

車を使用する時は、タイヤは少しずつすり減っていっています。タイヤの溝が浅くなるとグリップが効きにくくなり、スリップを起こしてしまう可能性が高まってしまうのです。しかし、定期的に点検をしていると、そういったことが原因で起こる事故は防げるでしょう。

タイヤのトラブルを起こさないようにする

タイヤの空気圧は保っておくこと

タイヤの性能を活かすには、適切な空気圧を保つことが重要になります。空気圧は、車の種類やタイヤの種類で変わるので適正値が変わるので気をつけておきましょう。

タイヤの保管方法

タイヤは、雨による濡れや直射日光を浴び続けてしまうと劣化してしまいます。ですから、一時的にスタッドレスタイヤへ変える際など、タイヤを保管する場合は室内に置いておくほうが良いでしょう。

タイヤの手入れ

艶出し剤や保護剤をタイヤに塗ってしまうと、タイヤの劣化を進めてしまいます。タイヤが劣化するとひび割れにも繋がるので、車のボディー用やホイール用の艶出し剤、保護剤はタイヤには使用しない方がいいです。

新品タイヤの走行

新品のタイヤだからといって、初めから無理な走行をしてしまうと、トラブルを招く可能性があります。そうならないように、綺麗な路面を走ってタイヤの慣らし走行を行いましょう。

比較的綺麗であっても長期経過しているタイヤは危険

タイヤは、ゴム製品なので外から見えなくても中が劣化している場合があります。外から見れば綺麗でも長期経過をしているタイヤは、交換しましょう。交換のタイミングが分からなければ、整備店に確認してもらうと良いです。

広告募集中